<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも細部が難しい

偉い人だとか、発注元だとか、そういう、「上流」が大きな方向性を示す。
その目的や方向性が「下流」に伝わっていき、「出口」で具体的な行動、施策として実行される。
(上流、下流というのは貴賤の意味を抜いて、単にパイプの入り口近くと出口近く、という意味だけだと思いねえ)

政治がうまくいかない構図と、システム開発、あるいは会社経営がうまくいかない構図は似てると思った。

最上流からして実現不可能、間違っている、というケースは、あるにしてもそれほど多くない。たいていは立派なこと言ってたり、「うん、そうなればいいね」と思えるようなこと言ってたりする。

「ありえる状況の幅」は下流に行くほど広くなる。ほとんどのうまくいかないパターンは、中流から下流にかけて、あり得る状況の幅が爆発的に増えるあたりでおかしくなる。

たとえば政治だと、「経済を活性化させるために働きやすい社会をつくりましょう」という最上流の方向性から、「女性の社会参加(労働)を増やそう」とか「非正規雇用者にもっと優遇を」とかの手段に落ちていって、、いろんな個別の施策を行った結果、女性は結婚するという選択肢を選ばなくなって人口減で年金が破綻する、とか。フリーターやワーキングプアや失業者が増えちゃう、とか。働きにくいっちゅうねん。(経緯を知らないのでこのへんは無茶苦茶です。魂で読め!)

システム開発だと、「商品を全てコンピュータで管理しよう」という当初の方向性があって、「いくつかの商品ではこういう情報が必要で」みたいなのをリストアップしていって、作る間にも大声じゃ言えないいろんなことがあって、できたシステムはあまりに機能が多いしあまりに使いにくくて誰も使わなくって結局紙で管理、とか。むりやりシステム使うから残業代がかさんじゃう、とか。残業代を出さなくて社員が辞めていく、とか。いや知らんけど。

どうも中流~下流あたりの仕事が良くないような気がする。その辺の担当者だけが無能ってんじゃなくて、問題が難しすぎるんだと思う。

細部の仕事は数が多い。
細部の仕事はいつも現実が相手。
細部の仕事は帳尻のずれを他に転嫁できない。逃げ場がない。

「物品のデータを取ってきて、こっちに表示するだけでしょー、簡単だよね、すぐできるよね」
「そうですね、簡単だから、じゃあ明後日にでも出しますよ」

「あれ、ちょっとだけ他と微妙に違うデータが混ざってる」
「ああ、10万件のなかの100件だけなんだけど、並べ方と表示を変えて欲しいんだよね、ちょっとだけだから」
「そのちょっとのためにどんだけ★○×◆@」
「あ、そうそう、あと3件だけまた違うのが」


この記事に対するコメント

魂で読みました。

いつも読んでてもコメントはあまりつけてませんが、
今回は、「読んだ」と主張したくなりました(笑)。
下流労働者として。
(↑ 読んで思いついたんだけど、我ながら気に入った。)

いきなり余談。
blogにコメントがついて初めて「(つけた人が)読んだことになる」。
うまく言えないんだけど…コメント付けなくても
「はい、僕は読んでますよ。」
みたいな足跡がつくと面白いんだけど。

そこで思い出したのがmixiの「足あと」なんだけど、
やっぱ、
あれはあれで…ちとわずらわしい。
でもね、mixiに蔓延してる
「ぅん、それってぃいよね。ゎかるゎかる♡」
みたいなのがぶら下がってもかったるいし。

うーん、書きながら行き詰まってしまった。

【2007/10/16 15:22】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

そこで、はてなスターっ、なのかな。でも僕の中であれは「連打するオモチャ」なのであんまり意味ないかも。

僕の感覚としては、例えば1~2ヶ月に一度ほどぽつんとコメント書いてくれるだけでも、ああ読んでくれてるんだなあって思うのですけど。

【2007/10/16 23:57】URL | とっくり #-[ 編集]

1秒間に16連打か?

>例えば1~2ヶ月に一度ほどぽつんとコメント書いてくれるだけでも、ああ読んでくれてるんだなあって

↑ そういう感覚を持ってる人が多いといいんだけどね。

今日、家内と話してたんだけど、
そもそも、メールって媒体が出てきたときって、
「電話みたいに、相手を同一時間で拘束しなくてもよくて、
読みたいときに読んで、返事を書きたいときに書けばいい。」
という、手紙寄りだけど、手紙より手軽なニューメディアとして
認識/紹介されていた…気がするんだよね。
(「ニューメディア」の死語性は我ながら笑える。)
だけど、
携帯電話の普及に伴い、状況は一変した。
届いたメールに対し、すぐに返事が来ないと「無視した」ことになる。
どーよ?
考えようによっては、電話を超える強力な拘束具だよケータイメールってば。

…って、相変わらず脱線だらけのコメントですが(笑)、
「はてなスター」って…なんですか?

☆だまってググってみろってか?☆

(追伸)
☆「ググる」という動詞に馴染めないんですけど(笑)☆

【2007/10/17 01:33】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

みんな急ぎすぎなんだね。もっとのんびりすればいいのに。卓球上手い人たちのラリーみたいだ。

そこであえて携帯メールの返事を遅く書くことによってみんなのテンポをスローダウンさせよう運動を、しているのですよ僕は!「あいつ返事遅い」と言ってる本人も、実はものすごいスピードで返事しなくて良くなったことによって楽になってたってことにいつか気づく。

はてなスターは、はてなダイアリーの記事の右肩に付いてる★マークです。「いいね」と思ったりしたらその★をクリックすれば数字が増えていくというただそれだけなのです。

【2007/10/17 10:39】URL | とっくり #-[ 編集]

勉強になった。> はてなスター

意外と面白いかも。

☆携帯メールのスローダウン運動は…共感できます☆

【2007/10/17 11:51】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/94-2c7a2221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。