<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そんなに急いでどこへ行く

どうもいろいろと急ぎすぎだと思うのだよ。

世界中の何と競争してるんだか知らないけど、「ビジネスのスピードに乗り遅れるな」を合い言葉に急ぐ、急ぐ。


(元請けに発注)「できたら再来月の頭あたりからサービス開始したいなあ」

→(下請けに発注)「来月末までに納入して」

→「(げっ、そんなんきついがな、孫請けにやらせよ)余裕を見て来月中旬までに納入して」

→「(そんなご無体な。どっかひ孫請けに)というわけで来月頭までになんとか」

→死屍累々
→来月頭になって、できてない
→元請けが納期の交渉
→結局延び延び

発注元「そういえば、いい機能を思いついたんだけどさあ」
(あちこちで爆発音が)


あ、これ、ウチの会社近辺とは関係有りません。こんな現場も多いのかなあという想像で。

昔の人はいいこと言った。
あわてる乞食はもらいが少ない
急いては事をし損じる
急がば回れ


発注者が前もって構想を固めるとか、元請けと一緒に構想を練る時間を取るとかしていたら。
元請けがおおよそかかる時間を見積もってから発注者と一緒に期日を決めていたら。
下請けが自分だけ「余裕見て」、孫請けの余裕を奪わなければ。
孫請けが無理な仕事を引き受けなければ。

そんなにしんどくならなかったろうに。


発注者「いや、別に半年先になるならそれでもいいんだけどね」


この記事に対するコメント

この構造

この発注者のマインドが変わらない限りテレビの番組制作姿勢も変わらないような気がするのですが。報道もそうなのかなあ・・・。

【2007/06/25 17:30】URL | ろじゃあ #z8Ev11P6[ 編集]

最近、どうもマズいのは発注者だけではないのではないかと思っています。そういう仕事を請ける連中がわんさかいるのがマズいんじゃないかと。そしてそういう末に出来上がったモノのあんまりイケてない品質でも安いから別にいいや、という消費者。
テレビ番組の場合はなんだか質が下がっていても文句を言わないで見ている視聴者にあたりますかね。文句の言いようもよくわからないんですが。
急ぎに急いで速く速く、ということはつまり人件費を圧縮できるから安く安く、していってたどりついたのはこんな貧しい世界なのかとがっかりしてしまいます。

【2007/06/26 16:15】URL | とっくり #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/67-fccb528c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。