<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スゴいフレームワークの構想(2) 言語はなにに

Webアプリのフレームワークにどの言語を選ぶかは悩ましいところ。

僕の興味は、とにかく楽をしながら、でもできるだけ妥協しないで自分と顧客の納得のいくモノを作ること。Ruby on RailsとかCake PHPとかmojaviとか、レールから外れたらかえってつらくなるみたいなのはイヤだ。


言語そのもの
言語そのものは、Java、Ruby、PHP、perlから選んでみる(Pythonは触ったことがない…)。現時点での慣れについては考慮しない。なんとでもなるから。開発~デバッグ~導入~保守~性能のトータルで考えたときに一番楽な組み合わせを選択したい。.Netは書けるけど、結構気に入ってるけど、環境にお金がかかるのがネックなのでちょっと選択しにくい。零細企業ですから。

ロジックが気持ちよく楽に書けるのはRuby。PHP5もだいぶいいけど、[1, 2, 3]で配列にできたり{a:1, b:2, c:3}でハッシュが作れたりするRubyに比べると全然劣る。多重配列に恐ろしく自由に代入できるところはPHPが便利。

PHPの似非オブジェクト指向的な部分は、僕は実は全然平気。文字列や配列がオブジェクトじゃないと気持ちよさが減るけど、扱う関数がちゃんと用意されてれば困りはしないじゃない?そういう意味でPHPの配列関数の充実っぷりはステキ。

ただ、ぶきっちょな言語=パーズが簡単な言語=エディタ が発達する。EclipseのJavaエディタは数ある言語、開発環境の中でも最強だと思う(それでもJava書くのはやっぱり面倒だけど)。EclipseのPDTはかなりキてる。


性能について
性能を考えるとJavaはつらいところ。メモリがばがば使って1サーバーで捌けるユーザー数が明らかに減るのはきつい。Seasar2がようやくtomcat上でホットデプロイできるようになった、って、そこまでいくのにいったい何MBのクラスをロードするんだろうって。


Viewについて
テンプレートに行く前のロジック部分に、表示のための整形みたいなコードを入れたくない。だってそれはViewがやるべきことでしょ。で、PHPのmojaviみたくViewのために別クラスを用意するってのもめんどくさい。

今のところ僕にとってPHPの魅力はSmartyがあること。僕は新しい言語習得が全く苦にならないからだと思うけど、Model、Controller、Viewを適材適所の言語で書きたい。使いやすいUIを作ろうとすれば、ViewにはViewなりの複雑なロジックを入れなきゃいけなくなることがあるので、RubyのAmritaとかPerlのHTML::Templateとかではまだ足りない。

HAMLは、ちょっとHTMLから離れすぎで自由に書きにくい。テンプレートをWYSIWYGエディタでいじるとこまでは今のところ必要ないけど、あっちでプレーンHTMLとJavaScript書いて実験して、こっちにコピペ、みたいなことはやっぱり必要。

Smarty遅いけど、まああれくらいまでなら許容できる。それにどうしてもレスポンスが必要になるページに限ってPHP直書きに逃げるっていう手も残されてるし。

|encode とかをいちいち書かなきゃいけないのもかったるいけど、他の機能があるから仕方ないか。


Modelについて
RDBの接続が自由に出来るのはどの言語でも同じ事だから、考慮することは特にないと思われる。Javaだとコネクションプーリングがある。PHPもコネクションをある程度使い回してくれる。


うーん、やっぱりPHP5+Smartyかなあ。
Rubyで書きたいんだけどなあ。Rubyで、Railsを越えるフレームワーク作って、地を這うRailsのみなさん、こっちは軽くて速くて簡単なRuby on Wingだぜとかって自己満足に浸りたいんだけどなあ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/50-cea3488d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。