<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かぶを抜くのに貢献したのは

「大きなかぶ」っていう童話があった。

おじいさんが庭の大きなかぶを抜こうとしたけど抜けない。
おばあさんも手伝ったけど抜けない。
牛とか犬とか猫とかなんだかんだも加わったけど抜けなくて、
最後にネズミが加わったらやっと抜けた。めでたし。

って感じだったと思う。

さて、一番偉かったのは誰なんだろうね。

どうやっても抜けなかったのに最後に来て結果を出したネズミ?他のみんながいなくてもネズミだけいればなんとかなった?

なんてわけはなくて。

もちろん最初から頑張ってたおじいさんと、一同の中で一番力持ちの牛かなんかが偉いに決まってる。


でもそれが現実世界の問題となると、わからなくなる。
その問題が解決したのは、いったい何が一番良かったんだろうね。

とりあえず、自分じゃないよなと落ち着いて考えてみるがいい。


この記事に対するコメント

話が右往左往(だったらコメントするな > ヲレ)

> とりあえず、自分じゃないよなと落ち着いて考えてみるがいい。

↑ということに通じるんだけど、
「大きなかぶ」の話は、「誰が一番偉いのか?」なんて考えたことない(笑)。

例えばさ、ハイブリッドカーは「省エネ」なのか?
…って考えると、実はあれ、総括的に見たら省エネでもなんでもないんだよね。
それを開発するために、どれだけの(他では生じない)浪費が発生しているのか。
その車を使う人は省エネ気分なのかもしれないけど、
地球規模で考えたら…省エネどころか、またしても余分な資源の消費。

  ↑あくまで、現段階の話では、よ。
  将来的なことを考えたら、やっぱ必要な開発だと思う。
  ただ、現時点では「省エネ」ではない…というだけの話。
  問題は、そういう意識のある人が少ないってことが少ないこと。

(いつもながらに、)多少話がずれちゃったけど、(ごめん)
全体と個人の関係って…そゆことだと思う。
個人でできること/してることが、全体にどんな影響をもたらしているのか?
or
個人の「よかれ」は全体(もしくは見えない何か)の「悪いこと」に
荷担してたりしないのか?
…なんてことを考える昨今です。

誤解のないように言っておくと、↑「悪いこと」は、
「大きなかぶ」の話とはまったく関係ないからね(笑)。
かぶを抜いても…なんにも悪事じゃないよ。
(抜かれるかぶには、たまったもんじゃないけど。)←オチ

☆余談ついでに…「一人一台の車」自体が、そもそもな環境破壊☆
(でも、車に乗り続けてますし、ないと生活できない…んだろうな。)

【2007/04/07 09:47】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

プリウスはめちゃくちゃ部品点数が多くて、ということはたぶん工場のラインも他の車より長く必要で、たしかに生産にかかるエネルギーは多そう。
それにプリウスの燃費が35km/lで同クラスのガソリン車の3倍(!)ぐらいの燃費だけど、軽自動車とくらべたら1.5倍。人間を運ぶという仕事を基準にして考えたら、軽自動車に二人で乗った方が環境に優しいよね。
いや、プリウス静かで気持ちよくて嬉しいんだけど。

太陽電池でも同じような話があったね、って、僕の大学の時の専門やん。

個人がよかれと思ってしたことが全体に悪影響を与えることもあるぐらいなんだから、たくさんの個人が「あ、いけないかもなー」と思ってしちゃったら、そりゃあひどい悪影響になるに決まってるよね。
空き缶を中央分離帯に捨てたりとかね。小さな悪意の罪は重い。(さらに話をずらしてしまった)

【2007/04/07 11:31】URL | とっくり #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/47-0a7baef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。