<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PVが欲しくてやった。今は反省している。

前の記事では弊ブログ史上最大のPV(1000PV/日)、第2位のブクマ数を記録しました。そのうちどれだけの人が全文読んでくれたのかはわかりませんが、ありがとうございます。

アホだ馬鹿だいうブクマつけてくれた人たちもありがとう。おかげさまでホッテントリ入りできました。

さてこんな過疎ブログで、昨日の記事だけなんでそんなに無理くりPV欲しかったかって、やっぱり少子化のことについてもっともっと沢山の人があれこれ思ってほしいからです。僕の意見に賛同してほしいだけじゃなくて、「ちげーよバカ、そんなんじゃ駄目だ、こうした方がいいだろ」というふうに考えてほしいからです。

子供を持って一番心境が変化するのは、この可愛い大切な子供たちが無事に大人になって暮らしていけるのか、つまり20年後、30年後がものすごく気になるようになるのです。要するに、この30年後の人口ピラミッドをよくよく見て、その世界を想像してみてよ、って言いたいのです。


統計局ホームページ/人口ピラミッド 平成52年(2040年)


煽るタイトルつけるの疲れるってわかったのでもうやらないのでこの記事は大して読まれないとおもいますが、もう少し考えを進めてもらうためにいくつかのブクマに返答してみます。


oakrw 結局、子供を育てている自分は大変だから、社会はもっと気を使え!金を使え!感謝しろ!と言いたいの?年金は世代間扶養なんだから子供の有無に関わらずもらう権利があるよね?
それもあるけど、それだけじゃないんですね。自分を含む子育て世代はたしかに大変ですが、30年後の子育て世代は現在なんか問題にならないほど大変です。そして、30年後のあなたも僕も老いも若きもみんなものすごく大変になってるはずです。

年金なんかまともにもらえると思っちゃいけません。だって払う人の人数が絶対的に足りないんだから。

金だけの問題じゃありません。サービスを受けたい人の人数は多いのに、サービスを提供する人の人数は絶望的に足りないのです。介護だけの話でもありません。世の中のすべてのサービスでそれが起こるのです。それもこれもみんな、65歳以上の人口が60歳以下の人口に迫るほどに多すぎるからです。僕達世代以上の老人が大量自殺すれば結構万事解決ですが、それはあまり現実的な解とはいえません。

hamukatumix 日本が貧乏になって治安維持含めて公共サービスの質が低下しまくったらみんなセックスと子育てしかやることなくなって人口増え始めると思うよ。生活レベルが維持できなくなる流れは確定してますけどね。
そうなってしまうのは誰にとっても不幸だから、そうならないようにしたくないですか?

wisboot 残念だが、今から増やしても、間に合わんのだ。そして子供が増えるということは彼らが成人する20年間の間、社会コストが増大することを意味する。本来なら20年前に議論すべきことだった。だが、それに失敗した
残念ですが、事ここに至ってはダメージ0で切り抜けることは無理でしょう。でも今からでも多少なりともダメージを減らすことはできるはずです。

AKIMOTO 未来の自分達の介護に必要だから子供作れ、って、自分達の年金のために働けっていう上の世代のコピーだなあ
上と同じですが、残念ながら、上の世代がちゃんと未来を作っていってくれなかったので我々世代がひどい目に遭いながらやるしかない状況に追い込まれています。

yellowbell 憲法に書かれたことを綺麗事と呼ぶのはまったく感心しません。
綺麗事というのは、こんなひどい状況にすでに陥っているのに、まだのんびりと「きちんと子供を産んで育てるための仕組みが整わないといけません」とか他人ごとのように言うだけの人たちです。「子供を産んで育てるための仕組みを作ろう今すぐに!すぐ!急げ!」と焦って欲しいのです。

waiwaimic 子どもを作るメリット、理由。 そう言ったものを何一つ未婚に示すことすら出来ず、 挙げ句の果てにこんな失笑な逆ギレ煽りで更に未婚の非婚化を加速するわかってない少子化論がこの国は多すぎる。
これ!このコメントが今日この記事を書こうと思った動機です。

子供を作るメリットや理由がないと子供を作れない、というマインドこそが現在の少子化を招いた最大の要因ではないかと思っています。経済的以外のメリット(子供かわいい、子育てなんだかんだ楽しい)は考えれば誰だって想像できるでしょうから、おそらくここで言われてるのは経済的なメリットのことでしょう。

子供を作る経済的なメリットは、ぶっちゃけ無いです。お金はかかるし、食い扶持増えるし、将来養ってもらえるかもしれないけどもらえないかもしれない。

でも、大人になるってことは、社会の維持に必要なコストを、自分のできる範囲で、メリットデメリット関係なく負担するようになる、ということなのだと思います。内田センセイの言葉を借りると、
「成熟した市民」は、その定義からして、他者と共生する能力が高く、自分の資産を独占せず、ひろく共用に供する人間だからである。
大人への道 (内田樹の研究室)
ということになります。

なんで子供を作るのかっていう明確な理由はありません。コストがべらぼうにかかることはわかってるけど、利己的な理由(自分の子孫を残したい、子育てしたことないからしてみよか)と、社会的な理由(だって大人だし。)を合わせるとそのコストを上回る自己満足が得られるような気がするから、かな?

あー、「子供を作らない人たちをまとめて子供あつかいとか、大人様はさぞお偉いんですねー」的な揚げ足取りが予め予想されるので面倒ですが対処しておくと、大人の皆さんが支払うコストが子作りだけなんてだーれも言ってないからね。払えそうなコストを払えそうに思った時点で、計算しないでえいや、と払う、ということです。

自己利益を優先的に追求すること」「自分らしく生きること」がたいへんけっこうなことであるというイデオロギーが80年代から20年余にわたり官民あげての合意によって、日本全体に普及したことのみごとな結果である。 当の若い方たちに責任があるわけではない。 自己利益と自分らしさの追求が国策的に推奨されたのは、それが集団の解体を促進し、市民たちの原子化を徹底し、結果的に消費活動の病的な活性化をもたらしたからである。
大人への道 (内田樹の研究室)
とあるように、消費社会の要請により(って、つまり内田センセイを含む団塊世代が作り上げた社会ってことですけど)、社会に「経済的メリットのあることしかやりたくないんだ」という人が溢れてしまった。

そこに、さらに困ったことに、子供を作る際のコストが昔よりはるかに大きくなってしまった。待機児童の問題とか、共働きの問題とか、周りの単身者の無理解とか。ダブルパンチです。

フランスなんかは国が無理やり経済的なメリットをじゃんじゃん提示して強引に出生率を2まで持って行きました。すると、「無理解な周りの単身者」の数が減るので、さらに子育てしやすい環境になったことでしょう。

日本では、どういう方法があるでしょうね?


citron_908 これ言われちゃうと生まれてごめんなさい、としか言えんなあ俺は / 子供育てられないとか親になる自信ないとか甘えんなって言われそうだけど、万一子育てで何か失敗したら社会からぶっ叩かれるわけだよなあ
みんながみんな子育てするようになれば、みんな多かれ少なかれ何か失敗してるからぶっ叩かれなくなると思うんですけどね。ほんとぶっ叩かれるのこわいです。これも最近増えたコストの一つですよね。

ncc1701 話の順番として、今現に養護施設にいる子やシングルマザーの子が陥っているピンチも救えないうちに、「望まれぬ妊娠」で生まれてくる子を増やしてもピンチの拡大にしかならないさ。
じゃあ養護施設の拡大とか里親制度の拡大もセットでやればピンチ脱出できるかもですね!でもそれだけで十分かなあ?

thanks-happy 単身者でも子ども向けサービスへ負担しているし逆は控除も。社会の為といいつつポジショントーク。個人の行動を変えたいならマクロ政策なのに、現実的でない意見と分かりませーん。年金の仕組みも分かってないとしか
めっちゃポジショントークです。僕のポジションは二人の子供を持つ親というものです。そのポジショントークを読んでどう判断するかは読み手に委ねられています。どういうマクロ政策が必要でしょうね?ちなみにあまり話題に登りませんが、子供の扶養控除は廃止されてしまいました。子ども手当で増えたぶんと差引でトントンか若干マイナスに…まったく民主党ときたら。

okra2 社会に貢献してる人だけが発言できる国って凄いな。その包丁、誰が握るの?現に困ってる人を救う事自体を完全放棄するような事を言ってる時点で「子持ちも子無しも全員」見捨てる意見なんだよ野田さんのは。
発言するなというのではないのですよ。むしろもっと真剣に発言してほしいのです。野田さんが困ってる人を救うことを完全放棄しているというのはどの発言のことを言ってるのでしょう?「中絶禁止+里親制度の充実セット、ただし現実的には無理だけどね」という発言のことでしょうか?

yarukimedesu 煽り芸の一環なんだろうけど「60までに死ぬか」とかそういう表現はインターネットから消えて欲しい。
反省している。

あれえ、なんか「政治と経済で◯◯と△△さえあればクリアされるのにバカめ(キリッ)」っていうブクマがあったんだけど削除されてるのか、見つからない…。

全部のコメントに返答はできませんので、このへんで。…いいんだ、どうせ読まれないだろうけど。


最後に追記。こちらの記事が少し似た話だったので。
しかし、少子化の原因の一つは、核家族中心へシフトしたライフスタイルの変化に社会システムが追随できておらず、子育てがしにくい環境になってしまっている影響です。実際、育児をしていて痛感していますが、核家族での子育ての負担は、常軌を逸しています。

少子化を解決できなければ、「子育て支援なんかに税金を使うな」と仰った方は、20年後、30年後に年金や健康保険の恩恵にあずかれない(または削減される)事態になりかねないわけです。子育て支援は、子供がいようといまいと無関係に、社会全体として必要不可欠なものです。
自分で自分の首を絞めるのを止めて、個人主義をコントロールしようぜ!


あと、同じサイトさんのこの人気記事
個人的に少子化について深く考え始めたところだったので、野田議員がどういう意図で言っているのかが知りたくて、はてブのコメント欄を見ていたところ、下記の記事の存在を知らせてくれていた方がいました。
「少子化対策は妊娠中絶問題から」はミスリード。野田聖子議員はいいことを言っている。

それたぶん僕のブクマコメントなのですよ。なのにあちらはかるーく180ブクマ…いやわかってるけど。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/271-fcc136eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。