<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一戸建てか分譲マンションか賃貸マンションか

住む場所を買うのと借りるのとどっちが得か、ていう話題がテレビでも雑誌でもよく語られていて、「資産価値」というキーワードがいつも出てくるのが不思議で仕方ない。

あまり語られないマンション購入のデメリットについて比較しましょう。
実はレバレッジ何十倍というハイリスク取引
家を替えたいと思っても中々できない
修繕積立金が十分でない場合には多額の資金が必要になることもある
賃貸マンションと分譲マンションの比較

とか。
人口減少社会では今後地価が上昇する確証はないし、値段と金利の『底』と『天井』は神のみぞ知る世界です。【5】と【6】はほぼ同じ意味で、特に新築の場合は買った時が値段のピークになる可能性が高く、設備がいいのも買った時だけ。すぐ陳腐化が始まるし、リフォームするためにお金がかかることを忘れてはいけません」
NEWSポストセブン|「家を買う8つの理由」を『自宅を買うな』著者がすべて論破

とか。(後の方はあまりにもひどいのであちこちから叩かれてるけどね!)

なんで家を買う行為が金融商品を買う行為のように語られるんだろう。

家みたいなすごい大きい買い物をするときに考える事で一番大切なのは、「そのお金を使って何を得られるのか」もっと言えば「人生がどういう風に良くなるのか」じゃないのかな。その品物を後で売るときにいくらになるか、なんて、それほど大事じゃないと思うんだけどな。

何千万って金を使って、買わない場合に比べて人生の何十年間がどんな風に良くなって、もしかしたら子供の代まで何か良くなるだろうと予想して、それが自分の価値観として金額と折り合うなら買うし、折り合わないなら買わない。ただそれだけのことなんじゃないのかな。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/261-90be9c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。