<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


娘が小学生になってかけ算の順番で減点されて困っていたら

最近話題の、5つの皿に3個ずつりんごが乗ってるときのりんごの個数を5x3=15とやると減点される話について。

「掛け算の順序に意味がある」と考える人たちは、なによりもまず
「1あたりの量」×「いくつ分」=「総量」

「いくつ分」×「1あたりの量」=「総量」
とに意味の違いがあるのかどうか
を考えてみるべきだと思うのだ。
小学校の掛け算の授業では、順序に意味があるらしい。 - enomoto-2009の日記

うん、この方のエントリで、起こっているだいたいの議論は終了してると思う。5x3=15って書いたからって「1あたりの量」ていう概念が理解できてないとは言えないよね。
「1あたりの量」=「かけられる数」…は、先に書くことにしましょう、というお約束
を小学校では教えているので、そのお約束は、かけ算の概念とか定義なんてものではなく、まして可換性とかそういう次元の話でもないよと。
あと、理数系の人ほど意味を考えない云々とかっていう、ひどいうわごとを言う人はちょっと考えるのをやめて寝るといい。

で、実際にうちの娘が将来そういうところで困ってたらどう言おうかな、と考える。

何個か問題を出してみて、「1あたりの量」が「5皿」のほうか、「3個」のほうか、ちゃんと言い当てられるかどうか確かめた後で、
「かけられる数を先に書くって習ったんならそう書かないとマルもらえないよ」
と教えようと思う。
「反対に書いても答えあってるのに!」
「それでも習ったとおりにやるのがお勉強だよ」
と。だって相手は小学2年生だもの。もう少し大きくなったらまた違う風に話せばいい。

そりゃあ僕だって理系の端くれだから、言いたいことはいっぱいあるけど、そこでね、「ムキーこんな教育はまちがっとる!」とか吠えて、小さい子供から教科書や先生への信頼を奪って何かいいことあるか?と思うので。
「こんな教科書はおかしい!」と言ってから、小学校卒業まで自分で全部教えきるつもりがあるならそうすればいいけどね。

だいたいね、こんな初歩のところでなんかややこしいこと吹き込んでもしょーがない。どうせ数学的な考え方とか、意味とか概念とかの話をするんなら、小学校高学年とか中学生になってからもっと高度なことやってるときのほうが身になるって。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/235-3ca26927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。