<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三歳児神話なんてへんなネーミングつけるから頭が悪い感じになるんだよ

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、子供は三歳頃まで母親自身の手元で育てないとその子供に悪い影響があるという考えを指す。
三歳児神話 - Wikipedia
「三歳児神話は神話にすぎない」とされると、母親と子どもとの間が離れていくことに拍車がかかるのである。これこそが問題だと思う。
「3歳児神話は神話にすぎない」は本当か?

「三歳までは母親の手元で愛情をたっぷりあたえないと子供がおかしくなる」
と主張する向きも、
「手元に置いているかどうかは関係ない。母親の愛情の質さえ正しければ大丈夫」
と主張する向きも、どっちも胡散臭い。だいたいからして、「三歳」っていう区切りからして胡散臭い。

だってこれ単に「専業主婦 vs 共働き主婦&シングルマザー」の女の戦いだもの。「三歳児神話」ってググって、いくつかページを見ても「父親」って言葉がどこにも出てこないのにびっくりするわ。女同士が「科学的」とかいう言葉を振りかざして罵りあっているとき、男はけっして、論争に首をつっこんで「そもそも科学的かどうか…」とか「フィールドワークによる印象なんて科学と呼んでいいのか…」とか、そういうことを言ってはいけない。

「ところで甘いものでもどう?」とか。馬鹿にしてんのかと怒られたら素直に「ごめんなさい」と撤退するのがよいでしょう。


だいたいね(首をつっこむ愚かな男)、「愛情の質」って。「正しい愛情」ってなんやねん。「(笑)」ってつけるぞ。愛情の質(笑)。

愛情の量ならわかるよ。単純に、人数x時間x人ごとに違う謎の定数だ。どうやらやつらは周りの人の愛情を食らって生きてるからね。たらふく食わせるとどんどん何かが育つ。研究とかするまでもない。事実だ。

それを一切与えなかったらどうなるか。どうしても「科学的」にしたいなら実験してみればいいじゃない。あ、うちの子は使わないでね。そんなもんの科学なんて興味ないんだから。


共働きの方やシングルマザーの方は時間のハンデがある分、一生懸命頑張っておられるわけで、むしろハンデがある事実をちゃんとうけとめて、変な科学に安心して目をつぶるんでなく、埋め合わせするために考えてる人はたくさんいて、僕はそういう方々こそ立派だと思う。実家の両親を加えて人数を増やすとかは一番手っ取り早く量をかせげるしいい方法だよね。

あ、「おなかを痛めて生んだ母親の愛情だけが特別」とかの与太は無視の方向で。父親もいれてくれ。いや、そうじゃなくて(それもあるけど)、血がつながってる/つながってないことによる微妙な差はありそうだけどたぶん、誰でもよさそうだよ。


つまりね、

比べることもしないで
(中略)
その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい

ってことなんです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/225-5341e10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。