<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


知っていればもっと楽しいデジタル家電の仕組み

@ITでなんだか妙な連載が始まったみたいだよ!

「液晶テレビとプラズマテレビの違いって?」 そんな乙女の疑問に理系男子がお答えします!

決定版! 液晶とプラズマはここが違う(1/2) - @IT MONOist
mononavi_otome.jpg

液晶とプラズマの違いを文系女子にでも解るように解説するお手本を見せてくれるらしい。

そもそも解説しようとすること自体が間違ってるとかいう野暮なツッコミは入れちゃいけないことになってるんだぜ!
図1は液晶テレビが映像を映し出す仕組みを図で示したものです。イメージとしては、シャッターと同じ役割を持つ液晶が
…(中略)…
状態を保ちます。すなわち、ホールド型表示です。

決定版! 液晶とプラズマはここが違う(1/2) - @IT MONOist
いやいやいやいやいや。理系男子のボク、2回読み直しちゃったよ!歳かなあ。
次に、図2のプラズマテレビについて
…(中略)…
プラズマテレビはデバイス(プラズマ)自体が光ります。分かりやすく例えると、プラズマテレビの中にはたくさんの豆電球が並んでおり、その1つ1つが必要に応じて光り加減を制御しています。
ここでイメージした豆電球(=セル)内には、ガスが含まれており、放電により内部に紫外線を
…(中略)…
パッとついてパッと消えるインパルス型表示です。

決定版! 液晶とプラズマはここが違う(1/2) - @IT MONOist
ちょっ、まっ、

さらに次のページでも文系女子が知りたがるようなことは何一つ教えずに走る走るオレたち。
デバイスには、表現できる色の領域(色域)が決められています。中でもHDTV色域と呼ばれるデジタルハイビジョン放送を映すRGB(色の3原色)領域を100%満たしているかどうかが、1つの指標と考えられます。
自発光のプラズマテレビに比べ、発光原理の異なる液晶テレビは、バックライトの分光特性やカラーフィルター特性などにより、色の領域を広げることが難しいとされています。

決定版! 液晶とプラズマはここが違う(2/2) - @IT MONOist
色域とか!

いや、理系男子のボクにとっては、へぇ、なるほどーって、面白いんだ。知ってることと知らないことのつながりみたいな情報って面白い。

mononavi_osarai.jpg
そんな文系女子はいねえ。

この記事、パナソニックの人に書いてもらった文章に@ITの記者さんが妙な男女を紛れ込ませたから変なことになってる。

しょーがないから既婚で理系男子の僕が模範解答を教えてあげるよ。
プラズマは37インチより小さいのが売ってないのでウチの場合は液晶しか選択肢がありません。
でも最近はプラズマでも安いのだと10万円ぐらいからあるみたいだ。へー。

っていうか、模範解答はどう考えても
原理とか色々違うんだけど最近はあんまり違いも無くなってきてるし、うん、じゃあ明日一緒にヨドバシ行っていろいろ見てみよっか
じゃね?


この記事に対するコメント

文系

え~文系女子なのでよくわかりませんでした~。


少なくともうちの旦那は以前たずねたとき、
もっとわかりやすく説明してくれたような。

昔、コンピューターが巷に出始めだった頃、
「コンピューターを理解できる人は説明書が書けない。
説明書が書ける人はコンピューターを理解できない」
と、言われていたことがあったけど、そんな感じか?

【2008/12/25 19:25】URL | myuu #u8NIWnEo[ 編集]

Re: タイトルなし

たしかに説明書としてはこの文章ヒドいと思う。でもこれ、最初から知らない人向けに書いたわけじゃなくて、通常の@IT読者向けに書いた文章なんだろうからパナソニックの人は悪くないはず。
もっとわかりやすく、というか、なんとなくでも納得のいく説明をしてくれたダンナさんは賢いと思いますほんとに。

【2008/12/26 10:16】URL | とっくり #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/174-d307f835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。