<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Concrete5をインストールしてみた

ユーザ画面を見ながら編集できる点、ブロックを追加するコンテンツ編集方式によって"これまで以上に編集がしやすい"、そんな凄いCMSだ。

【レビュー】ある意味CMSの理想型かも。『Concrete5』を試す! (1) 物足りなさを解消したCMS「Concrete5」 | ネット | マイコミジャーナル

CMSを使わなきゃいけない仕事が控えてるので、さっそく自分のサーバーにインストールしてみたよ。
とっくりらぼ

ここで、画面下の「Sign In to Edit this Site」で guest / guest でログインしてから「砂場」ページに移動すると、このページ以下だけ自由に編集できるようにしておいた。(こういうこともできるのねー)

レビューを書いていこうと思ったけど時間がないのと、ほんとにこのレビュー記事の通り、インストールもあっという間だったし、とくになにも困っていないので、たぶんみんな困らないだろうから省略。

できること


・ページを見ながら編集できる(WYSIWYGエディタつき)
・ブロック単位の編集。ブロック位置をドラッグ&ドロップで移動(普通移動する必要はないように思えるけど、たとえば、サイドバーの一番上に何か配置したいときは、「add to sidebar」で末尾に追加したのを一番上に持ってくる、という手順になる。これはこれでUIがシンプルになっていいと思う)
・ページ同士に階層関係を持たせられる。階層関係のつけかえもツリービューで簡単
・階層関係をもっているおかげで、たとえば「このページ以下にあるページの一覧」みたいなブロックが簡単に追加できる
・階層関係の中に外部サイトのURLを含めることもできる
・サイト全体を会員専用にしたり、ページ単位でログイン必要にしたり、「あるグループのユーザーだけが見られる」みたいなページをつくることもできる
・「あるページだけが編集できるユーザー」を設定できる
・ゲストブックがマウスコチコチで作れる
・投稿フォームがマスウコチコチで作れる(投稿された時に管理者にメール飛ばす設定もあり)
・フォームの投稿一覧がリッチっぽい
・「index.php」を含まないURLにすることもできる
・ページを公開すると自動的にバージョニングされ、Dashboardでバージョン間の差異を比較できたりする

・「Dashboard」でテーマやブロック、アプリケーションを追加できる(当たり前か)

できないこと・不便なこと


・…なんか、表示、遅くない?気のせいか?サーバーが仮想OSでひ弱だからか?
・一度そのページを開いてからじゃないと編集できない(Dashboardから直接とかできない)
・用意されている以外のレイアウトは作れない(多分)
・Web上でCSSの編集とかはできない。
・データはぜんぶMySQLの中に入ってるので、ディレクトリ全体をダウンロードしてもサイトの内容はからっぽ

うん、重箱の隅っていうか、とりあえず自分のプログラム発表サイトを作るにはそれほど困らないかな。

でも、これを使ってたとえばなんかのポータル作るとかは、向かないと思う。スケーラビリティ的に未知数で不安が残るってことと、操作にかなり慣れたとしても更新にかかる時間がちょっと長めになるので、HTMLもCSSもバリバリ書けるぜっていう人の場合は他のCMSのほうが速く作れるから。


この記事に対するコメント

CMSは、

最近ちょっと関心強いので、触ってみた。
コメントは久しぶりです。(いつも読んでるけど(笑)。)

インタフェイスとしては悪くないし、概ねコメント通りだね。
WYSIWYGはうれしいし、できそうなことも多い。
ただ、やっぱり(笑)、
WinのIE6では動きませんね(爆)。

☆最近の悩みは、未だシェアの高いバグブラウザIE6への対応☆

【2008/12/04 09:44】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

いつもありがとうございます

そうか、IE6動かないのか…たぶん開発側が「IE6?やなこった、ぺっぺっ」とか思ってるんだろうなー。実際、公開側さえ見られるなら、編集側はFirefoxオンリーとかでもいいしね。
で、今見てみたらIE6だとページタイトルがちょんぎれて表示されとる(笑)
本気で商売に使うにはテーマ自作は必須ってことね。

【2008/12/04 13:00】URL | とっくり #-[ 編集]

条件分岐+CSSハック…かな。

> 「IE6?やなこった、ぺっぺっ」

↑それは僕も同じなんだけどね(笑)。でも今は、
「どこまでWEB標準とIE対応を両立できるか」
ってのが「売り」になっちゃう…いやーんな過渡期であることも事実。

基本的に条件分岐で対応してるんだけど、
困ったことに、
<!--[if gte IE 7]>
が使えそうになくなってきましたね。
IE8は「こんどこそ」WEB標準に近づけるとかなんとか(笑)。
少なくともレンダリングモードはそっちがデフォルトになるとか。

  ただ、OSそのものの問題があるけどね。
  「メイリオ」で組むと字送りがすさまじく変わる。

☆てなわけで、<!--[if lte IE 6]>と<!--[if IE 7]>を併用(笑)☆

【2008/12/04 14:01】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

<!--[if gte IE 7]> ねえ…できれば使いたくないけど仕方ないですねえ。HTML5がどんどん使われるようになってCSSでややっこしいことをしなくて済むようになったらいいんだけどねえ。何年先だろうねえ。
って、XHTMLのときも思ったりしてたけど今こんなだしねえ。

【2008/12/08 14:43】URL | とっくり #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/169-56e45279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。