<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ところでいじめの話なんだけども

この短期間に学校の校長が相次いで自殺するということは、その校長個人とかその学校単体の問題の他になにか構造的な問題が全国的に横たわっていると考えるのがまっとうな筋道だと思うんだけど、なぜ朝のワイドショーはそのへんについて全く言及しないんだろう。

▼▼ここからは僕の勝手な想像でしかありません▼▼
校長先生が自殺するのは要するに他の人から今後めちゃめちゃに責められるのをおそれるか、あるいは今までめちゃめちゃに責められたのを苦にしたという原因だろう。

誰が責めたのかというと、「みんな」なんだろうけども、属性別に分類すると

  • 生徒
  • 保護者
  • 教育委員会
  • 「報道」とかの人たち(テレビから三流雑誌まで)
あたりが思いつく。

反撃してこない個人を大勢で責め立てるというのはいじめの構図そのもので、一番タチの悪いいじめ能力を持っている「報道」の人たちはそのことについてもっと自覚して節制するべきじゃないんだろうか。

報道の自由とか知る権利とかっていうけれど、自由って言うのは他人の権利とか自由を侵しても良いという意味ではないって小学校で習ったよ。生存権を侵す可能性まであるような自由ってなんだ。


この記事に対するコメント

マスコミと子どもたち

の関係って難しいよね。
特に「反撃してこない…」以下の部分、共感します。

でも現実として、そんな(暴力的)マスコミに畏怖し、おどらされ、
(親経由で)勘違いな理解をしている子どもたちが多いのも事実。だし、
暴力的構造に「まったくもって」違和感を感じない子どもは…増えてきてるんだろうな。

(話は若干ずれるけど、)
文科省に自殺予告の手紙を書いた子がいて、
それに、文科大臣が反応した。
「君のことを大切に思っている人は必ずいるはずで、
(そういう人のためにも)死んじゃあいけないよ。」
みたいな趣旨のことを言って。(内容はうろ覚えですが。)
そしたら、文科省に同じような手紙が殺到した。

それって…大臣の言ったことを理解していない証明みたいなもんだよね。
つまり他人事としてしか聞いていないし、
「自分にも言って欲しい」から自分も手紙を書く。
(自分でない)他人に宛てた言葉を読み解く気はさらさらなく、
「自分に」何か言って欲しい。

そういう子どもたちを否定したり罵倒したりする気はありません。が、
根本に、メディアやら「遠くの偉い人」との接点の取り方に関する無知を感じる。
もちろん、
「だからお前はいじめられるんだよ!」
とか言う気はありません。おそらくは、いじめている側の子たちも同じはずだし。

(話はさらにずれるけど)変なところで耳年増な子どもが増えてる気がするし、
単語を(変な)(間違った)覚え方している傾向がある。
(怒られて、どこかに連れてかれるとき)自分の腕を引っ張る教師に
「セクハラ」とか言う女生徒がいるそうな。
その単語を使ってみたかったんだろうな(笑)。
ある意味かわいい。そして(将来を考えると)恐ろしい。

走り書きですいません。論旨が七転八倒している気もする(笑)。

参考までに。
http://www.excite.co.jp/News/society/20061114011200/20061114M40.172.html
↑連鎖的に増えた自殺予告

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06110713/001.pdf
↑文科省他に宛てた手紙(読むと…いろいろ考えちゃいますよ)

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06110713.htm
↑その公表に関する文科省のコメント

http://allabout.co.jp/life/?NLV=CN000022-288
↑最近の子どもに関する「All About」の記事。「オレ様子供」他

【2006/11/14 22:16】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

そのへんに落ちてる言葉

> (自分でない)他人に宛てた言葉を読み解く気はさらさらなく、
>「自分に」何か言って欲しい。
おおくぼさんが罵倒しないなら僕も(大いに罵倒したいけど)そういう子どもに対してはとりあえず置いておこう。

「そこに存在することば」を積極的に咀嚼して、自分の内面になにか反映させるということが苦手になっているのかな。「自分に向けられたことば」にしか反応できないとすれば、たとえば、人の身になって想像するとか、自分の周りの人のために、とかっていう考え方ができない。それって、とても恐ろしいことだよね。

むさぼるように本を読め。小説を、物語をたくさん読め。と、言いたいね。


> 根本に、メディアやら「遠くの偉い人」との接点の取り方に関する無知を感じる。
「自分の周り」と「それ以外」の区別って、僕たちはどうやって身につけたんだろう。テレビってもともと、そういう距離感をあやふやにしてしまう装置だけれど、僕なんかは子どもの頃からテレビがあったし、テレビが原因ってわけでもない気がする。

ひょっとしたら、テレビを見る子どもには「あれはテレビの向こうの世界であって、我々の身の回りとは別なんだからね」とすぐそばで注釈をつける大人の存在が必要なんじゃないかな。

【2006/11/15 19:04】URL | とっくり #-[ 編集]

余談

まあ、論旨ずれまくりのコメントをつけたわけですが、
ツッコミがあるかな~と思いつつも、なかったことについて。
出だしの、

>マスコミと子どもたち
>の関係って難しいよね。
>特に「反撃してこない…」以下の部分、共感します。

↑は、出だしとしては、はなはだしい勘違いでしょ(笑)。
(自分が)後で語っているのは「マスコミと子どもたち」なんだけど、
もともと語られていたのは、「校長先生(つまり大人)をマスコミetcがいじめている」という構造。
(「反撃してこない…」以下の部分ね。)

…って、何日か経ってからの自己ツッコミって、なんか間抜けで悲しいゾ。
これからも、よろしくおつきあいください♡

【2006/11/18 08:24】URL | おおくぼ #-[ 編集]

あはは。

> 出だしとしては、はなはだしい勘違いでしょ(笑)。
あ、ほんとだねー。おおくぼさんのコメントに対して何か書こうとばっかり考えてて自分のエントリを読み返してなかった。でももちろん子どものいじめについても興味の多いところなので、問題なさげ。
こちらこそよろしくおつきあいください。

【2006/11/18 10:44】URL | とっくり #-[ 編集]

いじめる側の事情

「お前は“いじめ”関係しかネタがないのか?」
…って言われそうだけど、また、いじめの話。

前から「いじめる側」の事情や心情って気になってたんだよね。
で、やっぱね…って話に出会った。

http://www.excite.co.jp/News/society/20061121150000/20061121E40.065.html

「いじめに参加しないと、次のいじめのターゲットが自分になる」
という事情。あるんだろうとは思ってたけど。
結局のところ、「いじめる側」「いじめられる側」のどちらかに所属しなくてはいけない。
それって、どーよ?

☆勤務中につき、またしても走り書き。気が向いたら読んでみてくらはい♣☆

【2006/11/21 18:32】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

お返事遅れましてごめんなさい。
あったねえ。いじめる側も必死に安全なポジション取りをしてるっていうの。高校の時一部グループに標的にされたときはその弱みを突いてからかい倒した思い出が蘇るね。そういう個別の事情は今も昔もあんまり変わらないのかもね。
こりゃ人間の習性みたいなもんだから「いじめをなくす」っていうのはどうも不可能だと思うんだけど、「いじめで死ぬ人を減らす」っていう目標に対してなにかするとすれば、こういう個別の事情のもう一つ外側にあるようなところをなんとかしなきゃいけないんじゃないかって気がするよ。

【2006/11/24 14:43】URL | とっくり #-[ 編集]

これをラストにします(笑)。

今日つけてくれたコメントを読むと、最初に書いた

>反撃してこない個人を大勢で責め立てるというのはいじめの構図そのもので、
>一番タチの悪いいじめ能力を持っている「報道」の人たちは
>そのことについてもっと自覚して節制するべき

↑につながるよね。結局、「いじめる」って人間の不可避な修正なのかもね。
だとすると、せめて、

>「いじめで死ぬ人を減らす」っていう目標

への取り組みなのかな~。うん。
バイタリティを持って行きましょう。いじめる人も、いじめられる人も、
どっちでもない人も。(←そこに含まれるのが、報道するという「いじめ」をしてる人)
高一のときのとっくりさんを標的にした人…かわいそ(爆)。

【2006/11/24 21:59】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

爆笑問題

> バイタリティを持って行きましょう。
そうだね。この世界はいじめられたとき死ななくても大丈夫なようになってるはず。

昨日テレビを見てたら爆笑問題の番組で「いじめをなくそう」っていうスローガンを禁止しようって話してて、その議論は全然ダメダメだったけど、ちょうどこんなコメント書いたとこだったからああタイムリーだねえと思いましたとさ。

【2006/11/25 10:24】URL | とっくり #-[ 編集]

誤変換

修正→習性

行きましょう→生きましょう

ですが、ふたつめは、「行きましょう」でいいような気もする。
(「ラスト」にならず、かたじけない。)

【2006/11/25 18:16】URL | おおくぼ #Qi8cNrCA[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/16-40e05c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。