<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


彼女はいらなかった…のか?

実を言うと彼女なんかいらない

子どもの頃の家庭環境が原因で恋愛を求める気持ちに不具合が…という話。おれもわたしも、という声多数。

周りの友人の中には彼女をとっかえひっかえしてる人や、彼女といちゃついている様子をうれしそうに報告してくる人もいる。そんなとき自分は「いいなー。自分も彼女をつくっていちゃつきたい><」なーんメールを返すんだけど、これって本当のことをいうと、ウソなんだよね。自分には彼女なんかいらない。結婚もしなくていいし、自活していける。いちいち女の人の顔をうかがって行動するのも嫌だし、自分と性格がぴったりあうような女性もいない。
自分がこうなったことの原因は両親にあるのではないか、と思っている。自分の母と父は仲が悪い。二人はまともに会話をしない。時々、父が怒鳴って、母を威嚇するようなことばかりだった。どちらも人間関係、特に夫婦関係に関してはドライな人間で、母は夫婦関係で満たされない部分を他の肉親関係でおぎなっていたような趣さえあった。
ここに共感する人たちがたくさんいるということは(僕も学生の頃とかは近かったかも)、世代論にしてしまうのがいいのか、それとも、いつの世代でもある程度の人は多かれ少なかれそういう気持ち、つまり、異性と付き合うのメンドクセ、っていう気持ちを持ってるもんなのか。

「おひとりさま」や「ニート」が大量増殖して世代別人口のわりに子供を産む人がとても少ないわれらがロスジェネ世代、ついつい「親(の世代)が悪い」という話に飛びついてしまいがち。わかりやすく恨む対象がすぐ手近にあるせいで、そこで思考が止まってしまうのはよくないかもね。

仲の悪い夫婦なんてずっと昔から一定割合あるだろうし、恋愛に乗り気になれない人も、たぶんずっと昔からいたんだろう。当然、「仲の悪い夫婦」から産まれた「恋愛に乗り気になれない人」もたくさんいただろう。でもそれは本当に親のせいってわけじゃないかもしれない。

じゃあなんのせいなのかって言うと…知らんがな。出雲の神様がさぼってんじゃないの。

ただ、こういう鬱々とした気分を醸成するのに、インターネットは一役買ってると思う。インターネット以前は自分独りで出口のない思考を続けて、ばかばかしくなってやめちゃうか、たまたま自分の気分にマッチする本に出会って作家の思考をなぞって憂さを晴らすしかなかったようなコトが、インターネット以後は、鬱々とした気分そのままで直接に承認してもらえるんだから。

友達とか同級生とかの前で「自分はヘタレです」とカミングアウトするのは人格を否定される危険性が高くてとても怖くてできない。かたやインターネットならそっと匿名で「自分はヘタレです」とつぶやいたら、母集合が大きいから少数派であっても共感のコメントがあつまる。

女の子に直接「君が好きだ」と告げるなんて、断られたときのことを想像しただけでもうダメ。最近の女の子は欲望むき出しで怖いしね。ムリ。かたやパソコンの中の子は。

でも、大丈夫。「そんな甘やかされた環境で軟弱な精神になっちまって」などの心配はご無用。もうインターネットはなくならないから軟弱なままでも生きていけるし、もしインターネットがなくなったら、甘やかされない環境に適応するためにほとんどの人はちょっとずつ強くなるから。

(物語をつくらないように書くのが僕の近頃の実験です)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/150-b9fb90e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。