<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


邪馬台国は此処ですか

さて、鯨統一郎のあの超おもしろい名作…の話じゃなくて。

ここ1年ほど、PodCastで船土和斗 さんの「歴史ラジオ」を聴いている。邪馬台国はどこにあったのか、魏志倭人伝に書かれている道のりをなぞって各地の遺跡なんかを紹介しながら考えてみましょう、ということで、考えるだけ。「ここなんですよ邪馬台国は!」というカンジじゃなく、「どこなんでしょうねえ」というカンジ。

毎回船土さんが淡々とした口調ながら情熱の赴くままにたっぷりおしゃべりするため進まない進まない。
「伊都国は今回で終わる予定でしたが、長くなりましたので次回、第3回としまして…」
なんていうのがしょっちゅう起こる。

なんでまたこれが僕にとって面白いかというと、だって出てくる地名がご近所ばっかりなんだもの。やっぱり知ってる場所だと興味がわくもんだ。

魏志倭人伝に書いてある邪馬台国までの道のりと現在の地名はこんな感じらしい。

対馬国(對馬国) 対馬
一支国(一大国) 壱岐
末盧国(末廬国) 東松浦半島(佐賀県唐津市、伊万里市)
伊都国 糸島半島(福岡県前原市)
奴国 福岡県春日市、大野城市
↑ここまではほぼ確定らしい↑
↓ここからはあやふやらしい↓
不弥国 福岡県宇美町?福岡県飯塚市?福岡県福津市?
投馬国 ?
邪馬台国 ?

魏志倭人伝のもとになった報告をした使者がええかげんだったせいで、1800年も後の日本人が大勢あーでもねえこーでもねえと悩むことになっちゃったわけだ。

末盧国、伊都国、奴国、不弥国は魏志倭人伝の記述でも距離が「五百余里」とか「百余里」とあって、すぐご近所さんなのがわかる。みんな佐賀~福岡の、僕の庭というか、普段チョット車で出かける場所ばかり。当時の人々がてくてく歩いたって、まあ各行程は1~数日ってとこだろう。

ところがそっから「水行二十日」とか「水行十日 陸行一月」なんて表記が出てくるもんだから急におかしくなる。しかも方角が「南」とか書いてあるけど福岡県って基本的に海が北側にあるんだよね。南に行くとすると川を上ったりとか山を越えて別の川に入ったりとかすることになる(勿論、そうしたのかもしれない)。朝鮮半島から船で渡ってこられるくせに方角の見方がわからないわけもないし、使者の人たち、現地の船乗りに任せっきりで酒でも飲んでたのかと疑いたくもなるってもんだ。

(このへんから全然なにも調べたりせずに想像(妄想)だけで書いてます。)

そこで考えるべきは使者の連中は中国人だってことだ。や、そうじゃなくて。たとえば日本人、僕が使者だったとして、船で荒波を越えて草っ原をかきわけて山越え谷越え、伊都国とか奴国まで来て、大宴会でもてなされて何週間も滞在(するでしょ、当然)して、イマイチ口に合わないものばっかり食わされて、で、そっからホントに一ヶ月半とかかかるとこ行きたいか?行きたくない。ええかげん適当に誤魔化して帰りたい。

サボって報告を誤魔化すぐらいいくらでもするよ。

どう誤魔化すかというと、
1. 実は邪馬台国ってすごい近いんだけど、宴会でサボってた時間まで移動時間として記録しちゃう。
2. 実は邪馬台国は遠すぎるので行ってないけど距離とか方角だけ現地人に聞いて報告書に書いちゃう。
どっちにしたってバレる気遣いはない。

1.のごまかし方だったとすると、シンプルに考えて、どんなでっかい国が近畿にあっても遠すぎて九州の国を支配したりできないだろうと思える。卑弥呼がスゴい霊能力を?いやぁ…ねーよ。九州でしょやっぱり。

でも2.の方だったとして、「邪馬台国」「大和」…音が似てるよねえ。漢字がちゃんと普及してない時代の日本のこと、「邪馬台国」や「卑弥呼」なんてひどい字は使者の当て字に決まってる。どんな発音だったのか。「ヤマト」だったかも。その後日本人が「ヤマト」に当てた漢字が「大和」だったから違う国みたいになっちゃって。そしたら近畿かもねえ。九州にあったでかい国の王様だけが軍隊をつれて近畿まで出張っていってそっちを本社みたいにした、っていうストーリーだと、近畿から九州を支配することもできるだろう(まあ数十年の間だけだろうけど)

やっぱりわかんないのでした。


この記事に対するコメント

うろおぼえ

確か一説によると、邪馬台国の正確な場所を知られたら攻めてこられるかもしれないから日本人が嘘教えてて、
方角か日数か、どっちか変えることで
邪馬台国の位置が近畿になったり、九州になったり。


・・・と、高校のときの日本史のせんせーが言ってたような気もする。

【2008/05/27 21:25】URL | myuu #u8NIWnEo[ 編集]

そーいうのもあるかもねえ。なんか、当時の様子をただ想像するだけだと、例えば言葉だって通じたり通じなかったりだろうし、当時の日本人には距離の単位とかなかったらしいし、
「十日でも一月でもええたい、難しいことはわからんけん飲め、飲め!」
みたいな九州人がいたりとか、報告書がまともにならない理由ばかり思いついちゃう。

【2008/05/28 01:17】URL | tockri #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/147-754fbc75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。