<< Prev Page Next Page >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政治経済の立場は。

高校で履修しなきゃいけない科目の単位が足りてなかったー!のオハナシ。

日本史と世界史と地理の話は良く出てくるんだけど、「政治経済」ってどうなの。あれは必修なの?あれ、なくなったの?

最近のカリキュラムのことを何も知らないで書いてます。「何か書くならちょっとは調べてから書いたらどうなんだ」なんて言われても知らない。

さて、それはおいといて。

思うに、社会科の科目構成を変えたらどうだろう。どうするかというと、

  • 日本史(~江戸時代まで)
  • 世界史(~大航海時代の手前まで)
  • 政治経済
  • 中世・近代史(日本、世界いっしょくたで)
  • 地理
の5科目にするの。んで政治経済は必修。…あ、科目数増えた…

古代~中世は「兵力の論理・領土拡大の価値観」だけでいろんな現象を語ることが出来る。近代はそれに加えて「経済の論理」が必要になる。戦争にしたって、すべて経済のための戦争。だから政治経済の後で習う。また日本の近代は世界との関わりあい無しには語れない。「そのとき世界で何が起こっていたか」を同時に習わないと意味がない。だから一緒に習う。

世界史、とくに近代史をちゃんと習わないとナショナリズムに凝り固まったウヨウヨさんになってしまう。そいつはどうも美しくない。サッカーの競技場で他国同士の試合に大挙して押しかけてなぜか自国の応援で大盛り上がり、とか、自分の子どもたちがそんなバカな国の一部になっちまうのは勘弁だ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tockri.blog78.fc2.com/tb.php/14-12f073db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。